目尻切開・目頭切開の効果のほどは?
2017.07.26

綺麗な女性目頭と目尻は構造が違います。目頭には白目の内側に涙丘というピンクの粘膜があります。日本人を含めた東洋人の多くはこの涙丘の一部や全部が蒙古ひだという皮膚で隠れています。この蒙古ひだを切開して目を大きくするのが目頭切開です。元々蒙古ひだで隠れている部分があるので目頭切開を行うと多くの人が大きな変化を感じ取ります。
一方、目尻には涙丘や蒙古ひだはありません。目尻の一番外側を外眼角といいます。外眼角のすぐ外側には目を囲む眼窩骨があります。外眼角と眼窩骨の距離は2mmから4mmぐらいです。この部分の皮膚の下に、眼球との間に小さなポケットがあります。このポケットを覆う皮膚を切開して目を大きくするのが目尻切開です。目頭切開は元々蒙古ひだで隠れている涙丘を露出するのに対して目尻切開は隠れている部分が少ないので、一般的に目頭切開の方が目尻切開より大きな変化を感じられます。
さらに目頭切開は目の内側の比較的目立つ部分を切開するのに対して、目尻切開で広げる部分は周囲より奥まった深い谷間になっていて切開がわかりにくい事があります。また、目尻切開で広げる部分は上まぶたのまつ毛や皮膚で隠れやすくなっています。大きなつけまつげをすると完全に隠れ、アイメイクでもわかりにくくなります。そのため、目頭切開に比べ目尻切開は効果がわかりにくくなっています。
しかし、ケースによっては目尻切開ももちろん効果的となります。まず、目尻のポケットが大きい人、目尻を切開する事で十分に広さを確保できる人は当然、見た目の変化が大きく目尻切開の効果を十分に感じられます。また、他の施術と組み合わせた場合、たとえば目尻だけではなく同時に目の下のラインを切開した場合なども見た目の変化が大きく相乗効果を得られます。それに、自然に、切れ長で優しいイメージの目にしたいという人にも向いています。
目頭切開は目を大きくして華やかな印象を与える効果があります。目が大きくなる事で相対的に小顔の印象にもなります。目尻切開も目は大きくなりますが、切れ長で自然な印象です。優し気な目元になります。自分にとって目頭切開と目尻切開のどちらが効果的かというのはクリニックで診察してもらって相談してみましょう。自分で思っているのと医師の診断では違う可能性があります。人によって目頭切開が向いている場合も、目尻切開が向いている場合も、目頭切開と目尻切開の両方、あるいは他の施術との組み合わせが効果的な場合もあります。

▲ ページトップへ